地域
新型コロナウイルス感染症

多良間、全村民に5万円支給 事業者には10万円 独自に経済対策

 【多良間】多良間村議会(森山実夫議長)は22日、臨時議会を開き、新型コロナウイルス経済対策として全村民に一律5万円給付などを盛り込んだ2020年度一般会計補正予算案を全会一致で可決した。補正予算額は5902万8千円。合わせて対策費に充てるため、村長の給与を3カ月間2割減額する特例条例も全会一致で可決した。
 
 1人当たり5万円給付の財源は新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金も活用する。同事業の予算総額は5500万円で、うち交付金が2400万円、村3100万円。

 経済対策はほかに、村単独で新型コロナ対策協力事業者給付金として一律10万円を村内事業者に給付する。国の子育て世帯臨時特別給付金給付事業を活用して0~15歳1人につき1万円を児童手当に上乗せして支給する。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス