社会

河川から悪臭…濁った水も 市が原因調査へ 沖縄市のクラサク川

汚泥がたまり悪臭を放つクラサク川。水面には油のような白い液体が浮いている=16日、沖縄市知花

 【中部】沖縄市知花のクラサク川で、14日ごろから油が浮いたような白く濁った水が流れ、悪臭を放っている。地域住民から問い合わせを受けた沖縄市の職員が16日午後に現場を確認したところ、汚泥がたまっていた。川の上流は米軍嘉手納基地で、何らかの理由で基地から汚水が流れ出た可能性もある。市は現時点で原因は不明だとし、17日以降に調査を進める方針。市の担当者は「沖縄防衛局や米軍関係者にも協力を求め原因究明に当たりたい」と述べた。

 クラサク川は沖縄市と嘉手納町を結ぶ県道74号沿いにあり、嘉手納基地内を通る。市へ連絡した男性によると川は普段干上がっており、大雨が降った際にのみ水が流れる。14日ごろから急に水が湧き出て「悪臭が周辺に充満している」という。男性は「とても不快な臭い。人体への影響がないか心配だ」と話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス