社会

不発弾処理、20日に那覇市小禄で 工事で発見 150人避難対象

 5月に那覇市小禄の住宅工事現場で発見された米国製5インチ艦砲弾1発の不発弾処理が、20日午前10時から行われる。

 処理現場から半径88メートル内に住む約150人が避難対象。避難所は小禄小学校体育館。避難対象区域内と周辺道路で同9時50分から交通規制される。

 同11時に処理が終わる予定。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス