社会

米軍廃棄か、道路に未使用弾や不発弾9発 国頭のヘリパッド周辺

一般道路で見つかった空包。右の2発が未使用弾、中央の2発が不発弾、左の5発が空薬きょう=21日、国頭村(宮城秋乃さん提供)

 【国頭】国頭村の一般道路で21日、米軍のものとみられる空包の未使用弾や不発弾など9発が見つかった。チョウ類研究者の宮城秋乃さんが発見した。現場は村安波のやんばる学びの森と米軍北部訓練場のLZ4ヘリパッドの中間付近で、学びの森を利用する親子連れらも多く通行する道路だ。宮城さんは「暴発の可能性がある未使用弾や不発弾を、もし子どもが見つけたら持ち帰るかもしれず大変危険だ」と指摘した。

 宮城さんによると午後5時ごろ、生物観察で道路を散策中に発見した。約50メートルにわたって散らばっており、8発は側溝内、1発は側溝そばに落ちていた。名護署に通報し、署員が現場で確認。回収は後日、沖縄防衛局が行う予定という。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス