経済

シークヮーサーで2種の新飲料 沖縄物産企業連合が発売

沖縄物産企業連合が発売した「はちみつヒラミれもん」(左)と「4倍希釈タイプ塩シークヮーサーエード」(右)

 沖縄物産企業連合(那覇市、羽地朝昭社長)は、県産シークヮーサー果汁を使用した「はちみつヒラミれもん」「4倍希釈タイプ塩シークヮーサーエード」を発売した。あっぷるタウン、サンエー浦添西海岸パルコシティ内の「沖縄宝島」で購入できる。

 はちみつヒラミれもんの原材料は県産シークヮーサー果汁と精製はちみつ、水だけで、はちみつの優しい甘さとシークヮーサーのほどよい酸味と香りが広がる。さっぱりとした後味が特徴。180ミリリットル瓶で価格は250円(税抜き)。

 塩シークヮーサーエードは、県産シークヮーサー果汁と海水塩を使用。シークヮーサーの香りと酸味、ビートグラニュー糖(てんさい糖)の甘みの中に、ほんのりとした塩味が特徴。同社は「スポーツやアウトドアなどさまざまな場面での水分補給におすすめ」としている。500ミリリットルペットボトルで価格は500円(税抜き)。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス