芸能・文化

「ピアノがさみしがっている」 週末学生ピアニストを募集 浦添・てだこホール

 沖縄県浦添市のアイム・ユニバースてだこホールは、新型コロナウイルスの影響による公演中止で使われていないグランドピアノの音色を取り戻すため、「週末学生ピアニスト募集企画」を始めた。約3カ月間出番がなかったピアノを無料で貸し出し、コンクールや受験などの練習に使ってもらう。

 県内在住の小学生から大学生が対象で、貸し出し日は7月4日・12日・23日・24日。各日午前10時~11時半・午後1時~2時半・午後3時~4時半の時間枠で貸し出す。新型コロナウイルス感染予防のため、1人ずつ、個人練習のみを受け付ける。同ホール総務企画課の山口将紀チーフは「ピアノがさみしがっているのでたくさん応募してほしい」と呼び掛けた。

 申し込みはアイム・ユニバースてだこホール宛てに応募用紙をメールかファクスで提出する。詳細は同ホールのホームページ(https://www.tedakohall.jp/)、問い合わせは同ホール(電話)098(942)4360。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス