経済

おきなわワールド営業再開 約3カ月ぶり 玉泉洞の照明リニューアル

ライトアップをリニューアルして営業再開したおきなわワールド内の玉泉洞 =3日、南城市玉城

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い臨時休園してきた沖縄県南城市の観光施設、おきなわワールド文化王国・玉泉洞が3日、約3カ月ぶりに営業を再開した。午前9時に開園し、施設の入り口でスタッフによるエイサーや獅子舞のパフォーマンスで来場客を出迎えた。

 玉泉洞内は照明などの演出がリニューアルされ、ライトの数や色、角度を変え、鍾乳洞の本来の色や奥行きをより伝わりやすくした。地下河川にもスポットを当て、見どころを増やしている。

 休業期間中は施設の美化や社員研修などに力を入れ、営業再開の準備を進めていた。ハブのショー会場の人数制限や、行列の間隔を保つため床に印を付けるなどの感染防止対策を実施している。

 施設を運営する南都の大城宗直社長は「これまで外出を我慢していた人も多いだろう。お客さんに喜んでほしい」と話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス