経済

植物移動規制 周知を強化へ 那覇植物防疫事務所

植物の移動規制について周知する那覇植物防疫事務所の久保博之次席植物検疫官(右)ら=10日、県庁

 農林水産省那覇植物防疫事務所は、13~17日に、病害虫のまん延を防止するための植物などの移動規制に関する周知を強化する。

 県内にはサツマイモやかんきつ類に被害を与える病害虫がおり、紅イモを含むサツマイモやかんきつ類の苗、枝、葉などを県外に持ち出すことは規制されている。過去に、県内から鹿児島県に送られたサツマイモから病害虫が広がったことがあるという。

 空港などで旅行者にアナウンスするほか、官公庁などへの広報協力依頼を通じて移動規制を周知する。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス