社会
新型コロナウイルス感染症

米軍感染を米英メディアも報道 県民の反発や基地問題も報じる

 在沖米軍基地で新型コロナウイルスの感染が急拡大していることについて、海外メディアも県民の反発を交えて報じている。AP通信は12日付で米海兵隊の2基地で「数十人」が感染したことを報じる記事を配信し、英紙ガーディアンや米紙ワシントン・ポストなどの電子版が掲載した。

 記事は玉城デニー知事が米側の感染対策に「疑念を抱かざるを得ない」と指摘し、米軍に透明性や共同での感染対策を求めたことを伝えた。沖縄では以前から騒音などの基地問題を抱えていることも報じた。

 米ニュースサイト「ビジネス・インサイダー」は、米軍の感染に日本側が「ショックと怒り」を抱き「米国がウイルスを深刻に受け止めていない」と批判しているとする記事を、12日付で掲載した。CNNテレビのニュースサイトも11日付で、在沖米軍基地で感染が発生したことを伝えた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス