地域

猛毒の魚に気をつけて 岩にそっくりオニダルマオコゼ、背びれの毒はハブの30倍とも

捕獲したオニダルマオコゼを見せる仲村芳明さん=5日、座間味村阿嘉区

 【座間味】沖縄県座間味村阿嘉区の仲村芳明さん(67)が阿嘉島の前浜で5日、オニダルマオコゼを捕獲した。

 背びれにはハブの30倍とも言われる猛毒があり、海外では刺されて死亡する例も報告されている。色や形が岩にそっくりで、ほとんど動かないために気が付かずに踏んでしまうケースが多いようだ。

 仲村さんは海岸を散策中に岩場に潜んでいる個体を偶然発見した。近くで海水浴を楽しんでいる家族がいたため、放置しておくと危険だと判断して捕獲した。「オニダルマオコゼはとても危険な魚。何事もなくて本当によかった」とほっとした様子で話した。一方で「きちんと処理をすれば食べられる。から揚げにするととてもおいしい」と笑顔で語った。

(村石健一通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス