社会

奄美地方が梅雨明け 最も遅い記録 沖縄より38日遅れ

 気象庁は20日午前「奄美地方は梅雨明けしたと見られる」と発表した。向こう一週間は、湿った空気の影響で雲が広がる日もあるが、太平洋高気圧に覆われ晴れる日が多い見込みという。

 奄美地方の梅雨明けは平年では6月29日ごろ、昨年は7月13日。これまでで最も遅い梅雨明けは1983年と2010年の7月15日ごろだった。

 沖縄地方では、38日前の6月12日に梅雨明けしている。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス