教育

コロナ禍、短い夏休み 県内公立校

担任から「よい子のあゆみ」を受け取る1年生=31日午前、南城市の大里北小学校(ジャン松元撮影)

 県内の多くの小中高校で31日、1学期の終業式が行われた。今年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う臨時休校で、県内のほとんどの公立学校は夏休みが10日間に短縮される。

 3学期制の南城市立大里北小学校(平良正哉校長)では例年、全校生徒を体育館に集めて終業式を行う。今年は新型コロナの感染防止のため、低学年と高学年に分けて実施した。
 1年1組の竹谷康平さん(6)は「海に行って遊びたい」と目を輝かせた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス