社会

沖縄赤十字病院クラスター疑い 感染計7人に 1人は元の疾患で死亡

沖縄赤十字病院=7月31日夜、那覇市与儀

 沖縄赤十字病院は2日、これまで発表されていた3人を含めた計7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県は集団感染(クラスター)が発生した疑いがあるとみて調査をしている。

 新たに確認されたのは、いずれも患者で、60代の男性2人、90代女性、70代男性の4人。60代の男性のうちの一人は、元からあった疾患のため亡くなったとしている。

 病院は、新型コロナウイルスの協力医療機関として感染患者を受け入れていた。31日に女性看護師1人と入院患者2人の陽性が確認されていた。5日まで新規外来の診療を休止する。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス