社会
新型コロナウイルス感染症

沖縄県が石垣、宮古の3地域で休業要請 協力金20万円 外出自粛を県内全域に拡大

沖縄県庁

 沖縄県の玉城デニー知事は5日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑え込むため、クラスター(集団者感染)が発生した石垣市美崎町と宮古島市平良西里、下里の繁華街に立地する接待・接触を伴う飲食店に休業要請を実施すると発表した。期間は7日から20日の間で、応じた事業者には協力金を支給する。沖縄本島から離島への移動は最小限にとどめることを求めた。

 またこれまで1日から15日の間の県独自の緊急事態宣言の発出に伴い、沖縄本島全域に不要不急の外出自粛を求めていたが、離島も含む県内全域にエリアを拡大するとした。

 玉城知事は「お盆休みに帰省するのを楽しみにしている人が多いと思うが、高齢者の重症化リスクが高いことから、できれば直接会うのではなく電話やSNS、手紙でやりとりしてほしい。今年の旧盆は少人数で、ご先祖にウートートー(お祈り)してほしい」と呼び掛けた。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス