社会

与那原町職員がコロナ感染 夏休み中に発熱

 【与那原】沖縄県与那原町は11日、40代の男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同町職員の感染は初めて。

 町によると男性職員は町外在住で、7日から夏季休暇を取得し、休暇中に発熱。11日、医療機関を受診して抗原検査を受け、陽性が確認された。

 職員は6日まで勤務し、2件の窓口業務を行ったが、マスク着用と飛沫防止シートで対応していた。

 町は職員の陽性が確認された後、濃厚接触の疑いがあると思われる2人の職員を帰宅させ、閉庁後に消毒作業を実施した。12日は通常通り開庁する予定。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス