経済

ピーチ、那覇-新千歳・仙台の2路線新設 LCC初 10月から

 ピーチアビエーション(大阪府、森健明最高経営責任者)は10月25日から、「那覇―新千歳(北海道)」「那覇―仙台(宮城県)」の2路線を新たに開設する。

 両路線ともに格安航空会社(LCC)が運航するのは初めて。それぞれ1日1往復を毎日運航する。8月31日に航空券の販売を開始した。

 那覇―新千歳は、ピーチが運航する国内線の最長距離となる。航行距離約2400キロを3~4時間で運航する。運賃は片道7990円~5万1990円(税込み)となる予定。

 那覇―仙台は、那覇空港から東北地方への初めての路線となる。運賃は片道6490円~4万4990円(税込み)となる。

 同社広報部の檜秀憲氏は「地方と地方を結ぶことで経済活性化につなげたい。安心して旅行できる日本にするために、自社の新型コロナ感染対策はもちろん、旅行者にも対策を呼び掛けたい」と話した。

 ピーチアビエーションの運航する沖縄発着路線は国内線5路線となる。新型コロナの影響で国際線4路線は現在運休している。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス