社会
新型コロナウイルス感染症

沖縄 コロナ新たに10人感染 GoTo東京追加、来週中に専門家会議

 沖縄県は11日、20代から80代までの10人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。累計感染者数は2269人となった。米軍関係は嘉手納基地で2人の感染が確認され、累計400人となった。

 政府が「GoToトラベル」でこれまで除外していた東京都を10月1日から対象に加えることに関し、県の糸数公保健衛生統括監は、医療関係者らでつくる県の専門家会議を来週中に開く方針を示した。県外からウイルスが持ち込まれる状況を含めて、今後の医療検査態勢について検討し、助言を得るという。

 11日の新規感染者の中には医療関係者と介護職が含まれているが、感染経路などは判明しておらず「調査中」としている。

 新型コロナに感染するなどして休職している医療従事者は11日時点で62人で、内訳は医師が13人、看護師が35人、事務職員が14人。7日の90人から減少しているという。

 新規感染者10人のうち、県内確定患者との接触が判明しているのは4人。感染経路不明の「調査中」は6人だった。
 
 今月4日から10日までの人口10万人当たりの直近1週間の新規感染者数は6・73人で1位の東京都に次いで2番目。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス