経済

バナナパラダイスが国際通りにオープン ジュースからパンまで楽しむ専門店

ドン・キホーテ国際通り店1階に開店した美十の「バナナパラダイス」=15日、那覇市松尾

 バナナスイーツ専門店「バナナパラダイス」が15日、那覇市松尾のドン・キホーテ国際通り店1階にオープンした。

 同店は京都銘菓「おたべ」や「京ばあむ」などを製造販売する美十(京都市)が、バナナ専門店として沖縄初出店した。店舗で生バナナを練り込み焼き上げる「しあわせの沖縄バナナパン」やバナナジュース、ラスクが楽しめる。うるま市の同社工場で菓子製造も開始した。

 開店式典で、美十の酒井宏彰社長は「沖縄で何かしたいと始めた。地元の人にも召し上がってほしい」とあいさつした。店舗プロデュースを手掛けたベーカリープロデューサーの岸本拓也氏は「バナナをいかに楽しむかを考えた。沖縄やアジアを盛り上げていきたい」と語った。

 問い合わせは(電話)098(943)9778。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス