政治

辺野古崎近く埋め立て完了、6.3ヘクタール 2018年から土砂投入

埋め立てや護岸工事が進められる新基地建設現場=9月3日午後、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸(小型無人機で撮影)

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は1日、辺野古崎近くの埋め立て区域(6・3㌶)について県に通知した高さまでの埋め立てが9月30日に完了したと発表した。この埋立区域は2018年12月から土砂を投入していた。

 工期は当初2020年3月までだったが、二度の延長で同9月末の終了予定となっていた。

 辺野古側海域についてはもう一方の埋め立て区域(33㌶)が21年9月末までの工期となっている。

 大浦湾側の工事予定海域では軟弱地盤が見つかり、防衛局は着工できていない。地盤を強くする工事を追加するため設計を変え、改めて認めるよう県に申請している。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス