スポーツ

走り幅跳び津波、初優勝 陸上日本選手権

 陸上の日本選手権第2日は2日、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで行われ、男子走り幅跳びで津波響樹(那覇西高―東洋大出、大塚製薬)が7㍍99で初優勝した。9月19日の全日本実業団対抗選手権に続く優勝となった。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス