地域

サシバ数百羽、渡嘉敷の空を悠々 南へ渡る

島の上空を舞うサシバの群れ=13日、渡嘉敷島

 【渡嘉敷】渡嘉敷島で13日、島の上空を舞う数百羽のサシバ(タカ科)の渡来が確認された。群は午後3時半ごろ島の上空を数十分舞って南方へ向かった。

 県内へは秋の「寒露」の頃に大群で渡ってくる。渡嘉敷島では鳴き声が「チッキィー」と聞こえることから「チンミー」と呼ばれ、かつて秋の運動会シーズンになると上空を埋め尽くすほどの大群が見られたが、40年ほど前から数が激減している。

 サシバは「ウティダカ」(落ちタカ)とも称される越冬個体が春先まで見られる。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス