地域

パソコンやスマホでTシャツ制作 具志川商の生徒、職業の理解深める

パソコンのソフトを使い、オリジナルTシャツを制作した具志川商業高校ビジネスマルチメディア科2年生=13日、うるま市みどり町の同校

 【うるま】具志川商業高校ビジネスマルチメディア科2年生は13日、パソコンソフトやスマホアプリを使い、オリジナルのデザインを施したTシャツを制作した。自分の好きなキャラクターや文字をTシャツに貼り付け、完成させた。

 うるま市就労支援事業の一環で、仕事への理解や関心を深めてもらうことが目的。キャリア支援グッジョブうるまと、衣料品のプリントサービスなどを手掛けるラブ・ラボが協力した。

 生徒は事前の授業で、パソコン用の画像処理ソフト「フォトショップ」やグラフィックソフト「イラストレーター」の使い方を習っていた。この日は、同ソフトで制作したデザインをプリントアウトし、アイロンをかけTシャツに貼り付けた。

 中にはスマホアプリで制作する生徒もいた。名波美咲さん(17)は「好きなキャラクターの絵を選んだ。とてもよくできた。家で着ようと思う」と話した。新垣心海さん(17)は「外出用としても着られるデザインにした。思ったより上手にできた」と笑顔を見せた。


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス