スポーツ

岸本、女子走り高跳びU20優勝、友利は女子円盤投げで高校V

(左)岸本志恵 (右)友利晟弓

 JOCジュニアオリンピックカップ全国高校陸上競技大会兼U20全国陸上競技大会第1日は23日、広島市のエディオンスタジアム広島で行われた。U20女子走り高跳び決勝で岸本志恵(ゆきえ)(中部商―日本女子体育大1年)が1メートル73の跳躍を成功させ、全国大会初優勝を飾った。岸本は「助走の感覚が良く、力を出し切ることができた。全国初タイトルなのですごくうれしい」と喜びを語った。高校女子円盤投げ決勝で友利晟弓(那覇西1年)は44メートル04で頂点に立った。友利は「久しぶりの全国で緊張したが、先輩や先生方が支えてくれたおかげで優勝できた」と感謝した。

 新型コロナウイルスの影響で全国高校総合体育大会が中止になったことを受け、U18日本選手権の参加区分を年齢から学年に改め、高校日本一を決める舞台となった。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス