政治

自民沖縄県議、新たにコロナ感染 クラスター11人に【10月24日午後】

沖縄県議会

 自民会派県議団の視察クラスターで、沖縄県は24日、新たに県議1人の新型コロナウイルス陽性が確認されたと発表した。一連の感染者は計11人となった。

 県によると、新たに感染が確認されたのは、新垣新(しんがき・あらた)氏(45)。今月18~21日に自民会派の先島視察に参加しており、同僚議員の感染に伴い22日にPCR検査を受診。いったん陰性と判明していた。23日夕方から発熱し、再検査で陽性と判明したという。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス