政治

玉城沖縄知事「対話機会を数多く」 首相の辺野古推進方針受け要求

記者会見する沖縄県の玉城デニー知事=26日、県庁

 菅義偉首相が26日の所信表明演説で米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を推進する方針を示したことについて、沖縄県の玉城デニー知事は同日の記者会見で「県民の思いはどこにあるかと寄り添って考え、一緒に行動してほしい」と求めた。菅首相が「沖縄の皆さんの心に寄り添いながら取り組みを進めていく」と話したことを受けた形だ。

 県民の思いがどこにあるのかという質問には「さまざまな思いがある。対話する機会を数多く設けていただければ、一つ一つの課題を丁寧に説明する時間もあろうかと思う」と述べるにとどめた。玉城知事は名護市辺野古の新基地建設に反対しており、政府と考えが食い違っている。

 菅首相は「抑止力を維持しつつ、沖縄の基地負担軽減に取り組む」と強調して辺野古移設の方針を強調した。玉城知事は本紙の取材に「従来の考え方を述べられたのだろうと思うが、引き続き私たちは普天間飛行場の一日も早い危険性の除去、早期閉鎖・返還を求めてしっかり県と協議してほしいと申し入れていきたい」と語った。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス