社会
新型コロナウイルス感染症

病床逼迫、本島に移送 与那国のコロナ感染 接触者数十人の検体採取へ

 【与那国】与那国町在住者で初めて新型コロナウイルス感染が判明した70代女性は29日、県立八重山病院(石垣市)の病床が逼迫(ひっぱく)しているため、海上保安庁の飛行機で本島に移送された。町内に感染症に対応できる病床はないため陽性者は島外に移送する必要がある。町は30日に、感染が判明した女性に接触した可能性のある数十人規模の住民を対象にPCR検査の検体を採取する。

 県八重山事務所と八重山保健所によると、感染が確認された女性は9月下旬から10月中旬ごろまで那覇市に滞在していた。25日に発熱などの症状が出て、28日に与那国町診療所での抗原検査で陽性が確認された。軽症だという。

 女性の行動歴は確認中だが、30日の検査は濃厚接触者だけでなく、対象枠を広げて実施する。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス