沖縄でコロナ新たに13人感染 米軍キャンプ・シュワブで3人【11月2日午後】

 沖縄県は2日、新型コロナウイルスの感染者が新たに13人確認されたと発表した。

 10人台となったのは、10月13日の15人の感染を確認して以来20日ぶり。

 63件の行政検査で4人、保険診療で9人の陽性反応があった。
 
 県によると、米軍関係者の感染はキャンプ・シュワブで3人だった。

【琉球新報電子版】



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス