芸能・文化

愛犬モワへ「そばにいるよ」 出会いから別れ1冊の絵本に 琉球新報4こま漫画作者・ふくはらさなえさん

 琉球新報社会面で、毎週土曜日に連載している4こま漫画「とぅじ(妻)はマンガ家」のふくはらさなえさん(45)(本名・普久原早苗)=沖縄市=がこのほど、自身初となる絵本「そばにいるよ」を出版した。4こま漫画にも登場し、6月に亡くなった愛犬モワとの出会いから、別れまでを描いた作品だ。

 ふくはらさんは、モワは捨て犬だったと話し、「どんな犬でも絆をはぐくむことはできる。後悔しない向き合い方をしてほしい」と愛犬への思いを込めて絵本を書いた。

 「そばにいるよ」は県内の書店、通販サイトで販売している。那覇市おもろまちの県立博物館・美術館県民ギャラリーで開かれる、「小さな絵本展」(My Piece Art Project主催)にも出品される。絵本展は27日から29日の3日間で、27、28の両日は午前9時から午後8時、29日は午後6時まで。


「そばにいるよ」

ふくはらさなえさん(本人提供)


関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス