地域

「長生きしてよかったさー」100歳長寿を踊ってお祝い 大宜味村

真栄田ツルさん(中央)と大宜味村社会福祉協議会職員、民生委員=5日、大宜味村押川区

 【大宜味】大宜味村社会福祉協議会(島田哲夫会長)は民生委員らと共に5日、在宅生活を送っている100歳の高齢者の2人を訪問した。訪問先は押川区の真栄田ツルさん(102)と屋古区の宮城ハツさん(103)宅。

 例年は「村長1日民生委員」で年度ごとに各地区(旧小学校区)の高齢者宅を訪問していたが、コロナ禍で中止になったため独自に企画した。民生委員らが踊りを披露、高齢者や家族を喜ばせた。

 真栄田さん、宮城さんは曲に合わせて手拍子を打ち「今日は本当に感激した。長生きして良かったさー」とうれしそうに話した。

 民生委員の伊是名和代さん(58)は「訪問した私たちが年齢を感じさせない2人から元気、パワーを頂いた」と笑顔で応えた。
 (安里郁江通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス