スポーツ

西原高、目標はベスト4「守って、走って、粘り強く」 バスケ・ウインターカップ23日開幕

 バスケットボールの第73回全国高校選手権(ウインターカップ2020)が23日、東京都の東京体育館と武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕する。県代表で3年連続の出場となる男子豊見城は、1回戦で北陸学院(石川)と対戦。同じく3年連続の出場となる女子西原は米子南(鳥取)と1回戦でぶつかる。豊見城、西原とも昨年は悔しい初戦敗退を喫した。高さで及ばずとも、激しい守備を仕掛けて走り勝つ沖縄らしいバスケに磨きをかけ、上位進出を狙う。
 (長嶺真輝)

 まだ薄暗い午前6時前。西原高の体育館に女子バスケットボール部の主力が自主的に集まり出す。取り組むのはシューティング練習。崎浜秀勝監督は「全国で同じレベルか、それ以上のチームと対戦するには、シュートが入らないと勝てない」とハッパを掛ける。

 危機感の要因は昨年のウインターカップ初戦。持ち前の走るバスケで試合を通して前からプレッシャーをかけ続けたが、肝心の攻めでシュート成功率が2割以下と停滞した。結果、初出場の相手に惨敗。そのコートに立ち、悔しさを忘れていない仲本茜理は「守備から流れをつかみ、速い攻めでシュートを決めたい」と本番を見通す。

 攻撃をけん引するのは、スピードのあるドリブルやミドルを得意とする2年生エースガードの知名梨里亜だ。全国は初出場となる。「守りを突破し、得点とアシストでチームを勝たせたい」と役割を見詰める。1年生ながら、先発起用で得点源の中村望愛は「逃げずに体を当てて勝負したい」と強い気持ちで臨む。

 「締まってきている」と手応えを語る高江洲祭主将は「守って、走って、粘り強く。ベスト4以上を目指したい」と意気込んだ。


 


目標とするベスト4以上に向けて意気込む女子西原のメンバーら=11日、同校体育館

▽コーチ 崎浜 秀勝
▽アシスタントコーチ 諸見川 航
▽マネジャー 安田 風
▽選手
 [4]高江洲 祭 3年 165センチ 北中城
 (5)下地  凛 3年 159センチ 松 島
 (6)小渡 柚奈 3年 163センチ 北 谷
 (7)知名梨里亜 2年 162センチ 松 島
 (8)磯本 愛思 2年 162センチ 和歌山市立紀ノ川
 (9)喜屋武萌々菜2年 163センチ 北 谷
(10)妹尾  楓 1年 170センチ 北中城
(11)中村 望愛 1年 167センチ コ ザ
(12)榮門 由華 1年 166センチ 高江洲
(13)宮城 七青 1年 158センチ 具志川東
(14)仲本 茜理 3年 169センチ 普天間
(15)仲村 葉菜 1年 172センチ 具志川東
(16)島袋 紘嘉 1年 167センチ 兼 城
(17)宮里綺羅乃 1年 158センチ 具志川東
(18)大城 菜桜 1年 162センチ 長 嶺


 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス