くらし

子への性教育「3歳くらいから話し合って」 助産師の伊佐さんが事例交え講話

講話を行う伊佐恵莉可院長=12月10日、宜野湾我如古の助産院「パピヨン」

 【宜野湾】沖縄県宜野湾市我如古にある助産院「パピヨン」で12月10日、助産師の伊佐恵莉可院長による「家庭で行う子どもへの性教育」講演会が開かれた。

 伊佐院長は「ふたりのはなし(おかあさんとみる性の本)」など幼児向け絵本の紹介から月経の仕組み、デートDV(恋人間の暴力)、県内での男女の従属的な支配関係について事例を交え講話した。

 会場からの「何歳から性教育をすればよいか」との問いに対し伊佐院長は「人に触れさせないデリケートゾーンなど、3歳くらいからトイレトレーニングしながら話し合ってほしい」と述べた。

 助産院パピヨンでは、妊娠中の困りごとや体や心のケア、定期的な子育て次世代育成講座も企画している。問い合わせは(電話)090(1949)4113。
 (喜納高宏通信員)



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス