政治

日米が共同訓練を実施へ 今月下旬、金武ブルービーチ

 【東京】陸上自衛隊は今月下旬から、金武町のブルービーチ訓練場で、米海兵隊などと共に日米共同訓練を実施する。長崎県を拠点とする陸自水陸機動団が参加予定で、新型コロナ感染症対策を検討している。

 防衛省は13日、訓練実施に向けて土地などの日米共同使用で合意。使用期間は20日から2月10日まで。

 ブルービーチでの共同訓練は昨年も行われ、米海軍の揚陸艦に乗り、ボートを使った上陸訓練などを実施した。今回、共同使用に合意した場所には水域も含まれており、訓練内容が変更される可能性もある。

 また、2月26日から3月14日にかけて、水陸機動教育隊による教育訓練も行われる。昨年までホワイトビーチで行われていたといい、ブルービーチ訓練場での実施は初めて。教育訓練に先立ち1月17日から29日には、指導要員に対する事前訓練がある。




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス