社会

沖縄で103人コロナ感染 今週3度目100人超 死者は1人【1月22日午後】

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真

 沖縄県は22日、新型コロナウイルスで新たに103人が陽性だったと発表した。前日の68人に比べて35人多く、今週3度目の100人超え。累計で6862人となった。新たに1人が死亡し、死者は累計で90人となった。

 行政検査437件を実施したうち21人が陽性。保険診療では82人が判明した。

 在沖米軍関係の感染は15人。内訳は、嘉手納基地9人、普天間飛行場3人、キャンプ・コートニーとキャンプ・シュワブ、キャンプ・フォスターが各1人。累計では887人だった。

 県は前日の21日に、直近1週間(14~20日)の人口10万人当たりの新規感染者数が44.89人になったと発表した。過去最多だった昨年8月の42.97人を上回り最多を更新し、「これまでで最大の波」と警鐘を鳴らした。

【関連】感染率が最多更新「これまでで最大の波」

病床数「世界一」なのになぜ不足?



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス