地域
宮古島市長選1・17

座喜味氏が当選証を受け取り「市民本位」誓う 市議補選の当選者にも 宮古島

 【宮古島】宮古島市選挙管理委員会(與那覇巖委員長)は19日、17日に投開票された宮古島市長選と市議補選の当選証付与式を市平良旧庁舎で開いた。市長選で初当選した座喜味一幸氏(71)と、市議補選に初当選した下地茜氏(41)と狩俣勝紀氏(63)にそれぞれ当選証を手渡した。座喜味氏の任期は25日から2025年1月24日まで。

 支援者が見守る中、当選証を受け取った座喜味氏は「多くの市民の負託を受けて当選できた。市民に寄り添い、市民本位の政治にしっかり取り組む」と決意を示した。

 與那覇委員長は「市民の福祉向上と、市民が安心して暮らせる住みよい島づくりに取り組んでほしい」と激励した。


当選証を受け取る新市長の座喜味一幸氏=19日、宮古島市平良

当選証を受け取った下地茜氏(左)と狩俣勝紀氏=19日午後、宮古島市平良


関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス