政治

玉城知事「県民感情としても認められない」 陸自が辺野古に離島部隊 米海兵隊と極秘合意

報道陣の質問に答える玉城デニー知事=25日、沖縄県庁

 陸上自衛隊と在沖米海兵隊が米軍キャンプ・シュワブ(沖縄県名護市、宜野座村)へ陸自の離島防衛部隊「水陸機動団」を常駐させることで合意していた問題について、玉城デニー知事は25日午前、報道陣の取材に対し「海兵隊が退いていく代わりに陸自が入ってきて海兵隊と基地を共同使用するということは、県民感情としても認められない」と語った。「SACO(日米特別行動委員会)そのものを再点検する必要が出てくる」と指摘した。

 日本政府から「全くそういう話は聞いていない」と述べ、事実関係を確認する考えを示した。その上で県民の頭越しで合意されたオスプレイ配備の強行に例え「県民や国民に知らせないまま決めたからその通りにするというのは自衛隊にとっても良くない」と指摘した。

 日本政府が造っている名護市辺野古の新基地と一体運用が想定されることから「そもそも辺野古に基地は造らせないというのがわれわれの明確な意志だ。その点も踏まえて対応を検討したい」と強調した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス