社会

那覇でサクラ「満開宣言」 ピンクの花が街を彩る

1日に満開を観測した標本木のヒカンザクラ=2日午前、那覇市の末吉公園(喜瀨守昭撮影)

 沖縄気象台は1日、那覇のサクラ(ヒカンザクラ)の満開を発表した。平年より3日、昨年より2日早かった。

 那覇市の末吉公園(首里末吉町)の標本木80%以上が咲きそろった状態。1日の那覇市内は最高気温23.5度を記録、2日も午前10時現在で22.1度を観測するなど、ジャケットがいらないほどの陽気となっている。

 沖縄のサクラは、ピンク色で花が下を向くのが特徴のヒカンザクラ(緋寒桜)が一般的。ソメイヨシノはほぼ見られない。冬に一定気温まで下がらないため開花が促されないためとされる。


1日に満開を観測した標本木のヒカンザクラ=2日午前、那覇市の末吉公園(喜瀨守昭撮影)

【写真特集】サクラ咲く沖縄

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1264936.html



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス