社会

【速報】浦添で5台絡む事故 2人死亡1人重体 トラックが分離帯越える

国道330号の事故現場。中央奥に大破した車が見える

 11日午後1時ごろ、浦添市仲間の国道330号伊祖トンネル付近で、那覇市方面向け南下車線を走行していた10トントラックが中央分離帯を乗り越え、計5台が絡む多重事故が発生した。道路にある標識などが付いた柱も倒れ、車2台が下敷きになった。

 この事故で、30代の女性と2~3歳とみられる男児計2人の死亡が搬送先の病院で確認された。10トンダンプ車の男性運転手も意識不明の重体という。他の3人も負傷している。

 事故処理に伴い、国道330号の現場一帯には交通規制が敷かれ、渋滞が発生している。

 車に乗っていて事故に巻き込まれた30代男性は「トラックが尋常で無い速さでぶつかってきた。本当に死ぬかと思った」と声を震わせていた。


※記事「2人死亡、1人重体」を11日午後6時すぎ更新しました。

【写真】事故現場の様子



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス