社会

普天間周辺の住宅地で「飛行機のエンジン近く」の騒音 FA18飛来で121デシベル

米軍普天間飛行場に飛来するFA18ホーネット戦闘攻撃機=9日午後3時40分、宜野湾市内

 【宜野湾】米軍嘉手納基地に駐留する外来のFA18ホーネット戦闘攻撃機が9日午後3時半~4時ごろ普天間飛行場に飛来した=写真。県と宜野湾市の騒音測定で3時51分、上大謝名公民館で最大121・8デシベルの騒音が発生した。市には市民から苦情が3件あった。

 機体は着陸はせず、南側から北側に向けて複数回飛行。120デシベルは「飛行機のエンジン近く」の音とされる。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス