経済
沖縄経済ニュース

電話一本で商品配達 マックスバリュ牧志店 ファクスで注文も

利用者の元に届ける食材などを荷台に詰み込むスタッフ=15日、那覇市のマックスバリュ牧志店

 イオン琉球(南風原町、佐方圭二社長)は15日、「御用聞きお買い物代行サービス」を那覇市のマックスバリュ牧志店で始めた。移動手段がない人や買い物がしにくい環境にある人に向けて、店舗スタッフが注文の品を選び、自宅まで届ける。注文は電話やファクスで受け付け、ネット環境がなくても利用できる。

 対象地域は、マックスバリュ牧志店から半径約1キロ圏内。配達員が注文者とコミュニケーションを取ることで、高齢者の見守り機能も兼ねていく。拠点店舗を増やしてサービスを拡大していく計画で、イオンドラッグとの連携で薬の配達も視野に入れる。

 月~金曜に、専用バイクで配達する。3千円以上の買い物だと、配送料金330円(税込み)と手数料110円(同)で利用できる。2カ月に1回、約400アイテムが載った専用カタログを発行する。掲載がない商品でも、注文があれば随時対応する。

 15日に約5千円分の商品を購入した那覇市松尾の上原節子さん(74)は「(自宅までの)階段が狭く、重い物を持てないから助かる。ネットも使えないので電話で注文できるのは便利だ」と話した。

 イオン琉球の担当者は「高齢の方など買い物に困っている方に利用してほしい。地域性に合ったサービスを検討していく」と話した。

 申し込み、問い合わせは(電話)098(861)0207。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス