社会

浦添多重事故で県警が現場調査 国道330号など一時交通規制 

浦添多重事故国道330号を通行止めにして県警が実施した現場調査=21日午前7時ごろ、浦添市

 11日に浦添市の国道330号伊祖トンネル付近で発生し親子2人が死亡した多重事故で、県警は21日午前6時半から現場調査を開始した。調査に伴い現場周辺で一部の道路が通行止めになったが、午前8時50分ごろに調査の終了とともに規制は解除された。

 浦添市伊祖2丁目から同市西原5丁目の国道330号南北車線の約2.2キロと、同市牧港4丁目から同市伊祖の県道153号(国道330号南下方面向け)の約450メートルの区間で歩行者を含めた通行止めの交通規制を敷いた。

 調査では周辺の防犯カメラ映像や目撃情報を基に事故車両の配置などを再現し、発生当時の状況を詳しく調べる。


浦添多重事故国道330号を通行止めにして県警が実施した現場調査=21日午前7時ごろ、浦添市

浦添多重事故国道330号を通行止めにして県警が実施した現場調査=21日午前7時半35分ごろ、浦添市

関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス