くらし

子どもたちに支援を りゅうちゃん子どもの希望募金、窓口振り込みで手数料かかりません

 琉球新報社と県共同募金会(湧川昌秀会長)は「りゅうちゃん子どもの希望募金」の受け付けを広く県民に呼び掛けます。

 「りゅうちゃん子どもの希望募金」は、困窮世帯の子どもの育ちと学びを支援する取り組みを広げようと、2016年1月に始まりました。

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、生活困窮世帯の増加により子どもたちを取り巻く環境はこれまでにない厳しさが懸念されます。その解消を図るためには、社会全体で取り組む必要があります。県民の皆さまのご協力をお願いします。


りゅうちゃん募金

 りゅうちゃん子どもの希望募金は沖縄銀行、琉球銀行、沖縄海邦銀行、沖縄県農業協同組合、コザ信用金庫に専用口座がある。それぞれの金融機関の本支店窓口での振り込みで、手数料が免除になる(ATM、インターネットバンキングを利用しての振り込みは手数料がかかる。

 募金は琉球新報本社、支社・支局、県共同募金会でも受け付ける。寄付者には税制上の優遇措置があり、個人の場合は、所得税・個人住民税の控除、法人の場合は、法人税の控除対象となる。(沖縄県共同募金会発行の領収書が必要)

 寄せられた募金は、子どもの居場所支援や学習支援、生活困窮世帯の一時生活支援に携わる子どもや子育て世帯支援に取り組む民間団体に助成する。昨年度は26団体に総額743万4千円を助成した。

 募金に関する問い合わせは、琉球新報総務局(電話)098(865)5134。県共同募金会(電話)098(882)4353。


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス