経済
沖縄経済ニュース

20年度の沖縄経済成長マイナス9.8%見込み コロナで日本復帰以降最大の落ち込みに NIAC調べ

 南西地域産業活性化センター(NIAC、大嶺満会長)は25日、2020年度の県内総生産の実質成長率がマイナス9.8%程度となるという推計を発表した。新型コロナウイルスの拡大によって、個人消費や観光を含む移輸出などが減少し、日本復帰以降最大の落ち込みとなると見込んでいる。19年度の成長率見込みはマイナス0.9%程度と推計し、2年連続のマイナス成長を予測している。

 項目別では、観光収入などの入る移輸出が、19年度比で48.6%程度の減少となる見通し。20年度の入域観光客数は同73.6%減少し250万人を予想している。

 個人消費は同5.1%程度の減少を予想している。巣ごもり需要や、1人10万円の特別定額給付金の支給によって食料や家電製品は増加している。一方で外食や教育、衣料品、交際費など幅広い分野が、外出自粛や所得の悪化を受けて減少している。政府最終消費支出は、社会保障関連の増加を受けて同3.6%程度増加を見込む。

 貸家を中心に19年度後半から減少基調に転じていた民間住宅投資は、コロナ禍によってさらに勢いが失われ、同17.3%程度の減少と見通している。公共投資は、中北部や離島地域の市町村発注工事などが低調となり、同3.6%程度の減少を見込む。
 詳細はNIACのホームページhttps://niac.or.jp/で公開されている。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス