スポーツ

喜納、車いすマラソンV T53/54特別レース

土田和歌子(右)と共に周回コースを疾走する喜納翼=7日、東京都の陸上自衛隊立川駐屯地(長嶺真輝撮影)

 T53/54車いすマラソンの特別レース「チャレンジ東京パラ42.195キロイン立川」は7日、東京都の陸上自衛隊立川駐屯地の周回コースで行われ、女子は喜納翼(タイヤランド沖縄)が1時間45分4秒で優勝した。トライアスロンとの2競技で東京パラ代表を狙う土田和歌子(八千代工業)は同タイムで2位だった。喜納は自身が持つ日本記録1時間35分50秒が世界ランキング4位につけており、4月1日時点で6位以上を維持していれば東京パラ代表に内定する。

 男子は前回リオデジャネイロ・パラリンピック7位の洞ノ上浩太(ヤフー)が1時間30分40秒で優勝。世界パラ陸連公認で、東京パラ出場を狙う選手にとっては参加資格ランキングを上げるチャンスだった今大会で代表内定につながるタイムを出した選手はいなかった。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス