地域
うちなー味まーい

かじって2秒考える?甘じょっぱいバーガー ズミカフェ(宜野湾市)<うちなー味まーい26>

ズミバーガー(手前、ポテトフライ付で税込み750円)とクラムチャウダー(右上、税込み380円、食事と注文で280円)。記事を見て食事を注文する人は、クラムチャウダーをサービスするという

 「かじって2秒考えるバーガー」。宜野湾市新城の県道81号沿いにある「ZUMI CAFE(ズミカフェ)」のズミバーガーを一口食べると、看板に書かれたそのフレーズに納得した。今まで食べたことのないハンバーガーで、過去に経験した同様の味を頭のどこかで探してしまう。

 バーガーは肉厚なパティに、ピーナツバターとイチゴジャムが組み合わさる。米国出身の夫がいるオーナーのゴンザレス紀子さん(51)は、米国人がパンケーキとベーコンという甘塩っぱい朝食を食べることから着想を得た。滞在した米国で学んだクラムチャウダーも自慢の一品。タマネギやニンジンなど野菜をじっくり煮込んだ優しい味だ。

 宮古島出身で料理が好きな紀子さんは、結婚して米国と沖縄を行き来し、2012年9月にカフェを開業した。店舗名の「ズミ」は宮古島で「最高」などの意味を表し、実家の屋号「ズミッザ」からも取った。

 韓国のアイドルグループがミュージックビデオ撮影で訪れ、ファンには「聖地」にもなっている。しかしコロナ禍で客足は減り、1日3万円前後あった売り上げが5千円を切ることも。地域に根ざしてきたことから「1日でも長くこの場所にいたい」と踏ん張っている。

 営業時間は午前11時半~午後6時で、持ち帰り可。通常は午後8時までだが、コロナが落ち着くまで短縮する。月曜定休。市新城1の30の8。(電話)098(911)0517。
 (金良孝矢)


米国で集めた雑貨に囲まれるオーナーのゴンザレス紀子さん=3日、宜野湾市新城の「ZUMI CAFE」



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス