政治

災害・テロ…米基地従業員勤務の在り方を日米が協議 衆院委答弁

防衛省(資料写真)

 【東京】中山泰秀防衛副大臣は19日の衆院外務委員会で、在日米軍基地従業員の中に、自然災害やテロなどの緊急時にも業務の継続が求められる「ミッション・エッセンシャル」に指定されている要員がいることに関し、緊急時などの勤務の在り方について米側と協議していることを明らかにした。

 ミッション・エッセンシャルに指定されている従業員について、中山氏は「不安を抱く人もいることは防衛省としても重く受け止めている」と述べ、対応が必要との認識を示した。その上で、米側から、戦闘行動に関わることはないと説明を受けているとした。

 篠原豪氏(立民)への答弁。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス