経済

コロナ禍でも…沖縄県内の宿泊施設、過去最多の3342軒 今後も増加予想 県20年調査

 沖縄県文化観光スポーツ部は25日、2020年の宿泊施設実態調査を発表した。宿泊施設の件数は前年比8.4%(258軒)増の3342軒で、過去最高を更新した。客室数は同6.2%増の5万7759室となった。新型コロナウイルスの影響で観光需要は大きく落ち込んでいるが、宿泊施設は増加を続けている。コロナ前から計画されていた施設の開業や、中長期的な沖縄観光の成長を見込んだ開業予定があることから、今後も新規の施設は増える見込みという。

 一方、県内各保健所への20年の廃業届出件数は239件となり、19年の122件から約2倍に増えた。新型コロナの影響による廃業も増えているとみられる。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス