経済

ヒルトン沖縄宮古島リゾートが建設着工 県内離島に初進出 23年夏開業、329室

ヒルトン沖縄宮古島リゾートの全景イメージ(三菱地所提供)

 三菱地所と鹿島建設は22日、2023年夏に開業を予定しているリゾートホテル「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」の建設に着工したと発表した。地上8階建ての329室で、宮古島市平良のトゥリバー地区に建設される。

 ヒルトンが県内で運営する6施設目のホテルで、離島は初進出となる。

 琉球石灰岩をイメージしたベージュ基調の建物で、宴会場やチャペル、プールも備える。観光客からビジネス客まで幅広い層を狙う。敷地面積は5万3909平方メートルで、延べ床面積は2万8368平方メートル。宮古空港から車で約15分、下地島空港から25分の場所に位置する。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス