経済
沖縄経済ニュース

JTA 宮古―名古屋就航 10年ぶりの新規路線、1日1往復

新路線就航を記念してテープカットする関係者ら =28日午後、宮古島市の宮古空港

 【宮古島】日本トランスオーシャン航空(JTA、青木紀将社長)は28日、宮古―名古屋(中部)を結ぶ新路線を就航した。初便出発に合わせて宮古空港で開いた記念セレモニーに、座喜味一幸・宮古島市長や観光関連団体の関係者が集い、初便の乗客107人を見送った。

 使用機材はボーイング737―800型機で、1日1往復運航する。JTAの糸数寛執行役員は「10年ぶりの新規路線になる。今後も宮古島市の観光誘客に力を入れていきたい」とあいさつした。
 来賓あいさつで座喜味市長は「沖縄の翼として生活、観光発展を支えてもらい感謝している。新路線就航を機に、名古屋と近くなっていろいろな交流につなげたい」と期待した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス