経済
沖縄経済ニュース

ブルーシール カップアイス20%増量で定番の3種リニューアル! チュニキャンもPR

カップアイスのリニューアルを発表したPR大使でダンスボーカルユニットの「チューニングキャンディー」のメンバーや、フォーモストブルーシールの山本隆二代表取締役社長(右端)と荒木定明取締役会長(左端)=5日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール

 フォーモストブルーシール(浦添市、山本隆二社長)は5日、カップアイスの「ブルーシールカップ」をリニューアルし、容量を2割増量した。希望小売価格は151円(税込み)で据え置き、パッケージも刷新した。

 リニューアルしたのは、定番フレーバーのバニラ、チョコレート、バニラ&クッキーの3種類。紙資源削減のため、カップのふたを廃止し、紙製のヒートシールに切り替えた。


パッケージを刷新したカップアイス「ブルーシールカップ」=5日、浦添市内

 9月までの生産分1個に付き1円を「首里城基金」に寄付し、火災で損傷した美術工芸品の修復費などにあてる。県内限定で、量販店やコンビニなどで購入できる。

 5日に開いたリニューアル発表会で、山本社長は「県民の皆さんに喜んでもらおうとリニューアルした。『おらがアイス』と思っていただければいい」と語った。荒木定明会長も「家庭用カップアイスのシェアで県内一を目指したい」と意気込んだ。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス