社会

「神のお告げがあった」世界遺産・斎場御嶽の香炉窃盗疑い 男を書類送検

返還後元の場所に設置した香炉=南城市知念久手堅の斎場御嶽(南城市教育委員会提供)

 南城市知念の世界遺産「斎場御嶽(せーふぁうたき)」の「三庫理(さんぐーい)」内にある香炉1基が所在不明なっていた件で、与那原署は12日、香炉1基を窃取したとして、窃盗容疑で沖縄市の自営業の男性(42)を書類送検した。「神のお告げがあった」などと話しているという。

 書類送検容疑は、3月13日ごろ、南城市の史跡で南城市管理の香炉(時価不詳)を盗んだ疑い。


返還された香炉(南城市教育委員会提供)

 与那原署によると、男性は今月6日、「新聞報道を見て、良心がとがめた」などと話し、香炉を持って出頭してきた。香炉は「斎場御嶽近くの城跡に置いていた」と話しているという。

 南城市文化課によると、香炉は返還されキズなどは見当たらないという。同課は今後、史跡内の見回りなどを強化していくとしている。

 斎場御嶽のガイドなどをする「アマミキヨ浪漫の会」の大城勇会長は「御嶽内のセキュリティーを再考し、訪れる人に聖地としての重みを伝えたい」と語った。

【関連ニュース】

沖縄の世界遺産「斎場御嶽」で盗難か 香炉が別の石材に置き換えられる

首里城跡、斎場御嶽…沖縄にある世界遺産の今 来場者急増でトラブルも



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス